ニュース

marbb020202020202.png

超微細気泡marbbのマイクロバブルは最小径0.5(マイクロメートル) という、炭酸の約1/2000のサイズの超微細な気泡です。

定義上はナノバブルmarbbが作り出すマイクロバブルは、圧縮した空気を使い、細かな泡を生成していることが特徴です。

気泡はマイナスに帯電しているので、プラスに帯電している汚れを吸着除去します。

超微細気泡だからこそ、キューティクルの隙間や毛穴に入り込み、通常のシャンプーでは落ちにくい、皮脂汚れや残留シャンプーを除去できます。

marbbを使って洗った髪は、簡単なタオルドライだけでもほとんど水が滴りません。ドライ時間が最大35%短縮となる報告もあり、ドライヤーをあてる時間が減らせる分、髪へのダメージ軽減も期待できます。

水道水とmarbb製マイクロバブル水に髪を浸したときに、marbbは水道水と比較して膨潤率が約17%髪への水分の吸収が抑えられる分、乾燥時間を短くできるのです。

髪に必要以上の水分を与えない(疎水の技術)ことで、毛髪の内部に薬剤が浸透する余地ができます。

そこに、縮毛矯正剤が染み込むため、薬剤の浸透を助ける効果が期待できます。

薬剤を変えずにより良い効果を得ることが可能になります。

marbbはデザインにも貢献します。

実際に水道水とmarbbで比較実験を行ったところ、染色においてmarbbを使用した方が、水道水を使用した場合より、内部まで染料が浸透していることを確認しました。

marbbで丁寧に洗い、余計な水分を含んでいない毛髪は、薬剤をムラなく浸透させることができ、毛先までしっかりとしたストレートヘアを表現できます。

トップへ戻る