ニュース

縮毛矯正+ボブでぺったんこにならない。

縮毛矯正後のスタイリングで、ホットカーラーやマジックカーラーを使う方法など意味不明です。

縮毛矯正は本来、スタイリングを楽にする技術です。クセをしっかりと伸ばし、髪のボリュームや根元の立ち上がりを抑える施術。ですが、薬液の強弱調整をすることでワンカールストレートが可能です。特に地毛のクセが強い方がしっかりとくせ毛を伸ばした場合は、ぺったんこにはなりません。何事も技術です。

もちろん、縮毛矯正後の髪をドライヤーで乾かすだけボリュームをふんわりさせる事も可能なため、毎朝のスタイリング時に頭頂部まわりの髪をホットカーラーやマジックカーラーを、巻く必要もございません。トップをふんわりさせる縮毛矯正がおすすめです。

また、スタイリングでごまかす以外に、そもそもトップがぺったんこでも不自然にならない毛髪改善に直してしまう方法もあります。

実際、頭の形が悪くない方などは、仮にトップがぺたんとなり、頭の形が出ている場合は、グラデーションスタイルなどにカットし直すことで、不自然な印象を無くし、ヘアスタイルとして成立させることができます。

また、今も昔もトレンド的にも、必ずしもトップがふんわりとしていた方がいいでしょう。なければならない時代です。ひし形シルエットがオシャレに見えるはずですよ。

トップへ戻る