ニュース

前髪の縮毛矯正は失敗でビビリ毛になりやすいのか?

前髪の内側は、他のパーツよりも髪の毛が細いですが、日々のスタイリングでダメージを与えているヘアアイロンの温度設定にご注意をしてください。薬剤が過剰反応しやすく、髪全体に同じ強さで縮毛矯正をかけた場合でも、ビビリ毛になってしまうケースがあります。ですので、必ずしも前髪が失敗することなど一切ございません。前髪で失敗する美容師は、薬液塗布の順序や工程、技術に問題ありてます。

トップへ戻る