ニュース

食物繊維やヤラピンといった、さつまいもに含まれる成分で、腹痛や下痢の原因になってしまうので、私には美味しそうでも食べれません。普段さつまいもを食べて症状が出ない方も、注意必須の成分のようです。 さつまいもを毎日のように食べたり、食べる量が増えたりすることで体調に異変を感じる場合がるのです。さつまいもを食べるときに注意する点は、急性胃腸障害です。

 

食物繊維やヤラピンといった、さつまいもに含まれる成分は、腹痛や下痢の原因になることもあるようです。

 

普段さつまいもを食べて症状が出ない方も、食した後突発的な下痢や腹痛を起こすようです。

トップへ戻る