ニュース

良かろう高かろうという事もあるかもしれませんが、安いものに比べ質の高い材料を使っているのは確かです。人件費やコストを考えれば、安いものがいい品物を提供できるわけございません。それでもやっぱり安いものを提供できるという事は、ボランティアもしくは、残り物の大量買い付けによるコスト削減です。基本的に人気のある拘り商材を使うという事は、ホットペッパービューティーに掲載しないサロンです。

トップへ戻る