ニュース

ブランド腕時計のギャランティカードのうわさとして、最も多いのが「ギャランティカードが付いていない品物は、偽物の可能性が高い」というものです。

ギャランティカードは、そのアイテムがブランド正規ルートにのっとって取り引きされた証。それはすなわち「本物の証」でもあります。最近の中国のコピー品はスーパーコピーというかつての粗悪品と違って、原材料に品質のいい材料を使うようになっています。3Dプリンターやスキャナーなどのデジタル技術の普及。偽物と明記して販売しているものはまだしも言葉を濁し、さも本物であるかのような販売をしているところもあります。

美容の世界でも同じことです。世界初再生技術縮毛矯正などと言う株式会社サニープレイスのスーパーコピーもございます。類似にご注意ください。

お話は戻りますが、もちろん中身のムーブメントを見ると一発でわかりますが、それ以外にもパーツが全然違うなど、必ず本物と異なる部分があります。

個人的な所感ですが、偽物を撲滅することは不可能と考えています。なぜなら、ブランドに対する憧れはありながら価格が高くて購入できない、という人が多いのも事実だからです。しかしながら、価格を高くしたボッタクリも世の中存在してます。なので正規を見極める目が重要と言えます。

 

しかし騙されるのはまだしも、自ら進んで偽物を購入するという行為は立派な犯罪行為です。

偽物は最初の購入価格が低いかもしれませんが、結局末永く使うこともできず、また壊れると偽物を購入する、という負のスパイラルに陥ります。これを何度か繰り返すだけで本物は購入できます。

目先だけの割安感で安易に知りながら偽物に手を出すと、犯罪の片棒をかついでいるようなもので、犯罪となり逮捕されてしまいます。
ぜひ引っかからないよう気をつけてください。

トップへ戻る